外壁・屋根塗装する塗料の種類について

外壁や屋根塗装する際の塗料について考えたことはありませんか?

塗料には、耐久性が高いものや断熱性のあるものなど、ざまざまな種類のものがあります。

そこで今回は、外壁・屋根塗料の種類について、簡単に説明しましょう。

外壁・屋根塗装する塗料は大きく分けて3つ

外壁・屋根塗装する塗料は大きく分けて以下の3つが主流です。

  • ウレタン塗料
  • シリコン塗料
  • フッ素塗料

上記塗料はメーカーによってさまざまなものがありますが、メーカーによる大差はありません。

それぞれの塗料について紹介します。

ウレタン塗料

【ウレタン塗料の特徴】

  • リーズナブルな価格帯
  • やや弾力がある
  • 耐久性は高くない

ウレタン塗料は、ウレタン系樹脂(ポリウレタン)をメインとする塗料です。

樹脂の中でも密着度と柔軟性が高いので、木材にも塗りやすく、クラック(ひび割れ)が入りやすいような外壁に適しています。

硬化剤などを合わせて使うことで、さまざまな性質を持たせることができるのが特徴です。

シリコン塗料

【シリコン塗料の特徴】

  • 現在、主流の塗料
  • コストパフォーマンスが高い
  • 耐久性に優れている

シリコン塗料は、外壁塗料で人気が高く、最も主流の塗料です。

汚れが付きにくく、紫外線にも強いのが特徴。

また、性能やカラーが豊富な点も支持されています。

フッ素塗料

【フッ素塗料の特徴】

  • 高い耐久性を持つ
  • 値段が高い

フッ素塗料は、合成樹脂が主成分で、その樹脂にフッ素が含まれている塗料です。

どの塗料よりも高額にはなりますが、20年もの耐久性が見込めるなどといった性能はその分優れています。

大型の建物や橋などに使われることが多い塗料です。

塗料には1液型・2液型がある

1液型・2液型とは、塗料が「1つの缶の液体だけで塗料として使うもの」であるか、「2つの異なる缶の液体を組み合わせて塗料として使うもの」であるかに分けられます。

1液型は、1つの塗料缶で、水やシンナーを入れて薄めて壁に塗ります。

2液型は、2つの塗料缶があり、主材(塗料)と硬化剤に分かれています。

主材(塗料)と硬化剤を混ぜ合わせて塗料になり、混ぜ合わせたときに硬化反応を起こして固まり、強固な塗膜ができるのです。

弊社ヨコハマリノベーションでは、主に2液を利用して外壁塗装を行っています。

屋根塗装は素材によって異なる!アスベストに注意

近年ではスレート屋根が多いですが、2004年より前に建てられた家でスレート屋根材である場合、大半はアスベストが含有されています。

スレート屋根をメンテナンスする際は、塗装が一番手軽な方法ではありますが、アスベストが含まれる場合は注意が必要です。

塗装すること自体に問題はないのですが、高圧洗浄機で屋根を綺麗にする際、スレート屋根の表面を削ってしまうことがあり、そのときにアスベストが一緒に飛散してしまう可能性があります。

作業者だけでなく、近所などにも危険が及ぶことがあるため、慎重な判断が必要です。

また、屋根材によっては塗れない塗料もあるため、希望の塗料を申し出ても、対応できない場合があることを知っておきましょう。

外壁・屋根塗装はヨコハマリノベーションで

外壁や屋根塗装の際の塗料は、素材によって正しく判断する必要があります。

弊社の場合、アスベストの確認はもちろん、塗料にもこだわって外壁・屋根塗装をさせていただきます。

ぜひ、外壁・屋根塗装の際は、ヨコハマリノベーションにご相談ください。

【アスベストの規制】「有資格者によるアスベストの事前調査・分析」が義務化

2023年(令和5年)10月1日「有資格者によるアスベストの事前調査・分析」が義務化されることになりました。

今回はアスベストが禁止になった背景を振り返りながら、今後に規制について解説していきましょう。

「有資格者によるアスベストの事前調査・分析」が義務化

「有資格者によるアスベストの事前調査・分析」が義務化

今後はアスベストが含まれる建材が使用されているかどうかを確認するための調査が必要であり、設計図書等の書面調査と現地での目視調査の両方を行わなければなりません。

アスベストの事前調査を行うことができる人は以下のような人です。

  • 特定建築物石綿含有建材調査者(特定調査者)
  • 一般建築物石綿含有建材調査者(一般調査者)
  • 一戸建て等石綿含有建材調査者(一戸建て等調査者)
  • 令和5年9月30日以前に(一社)日本アスベスト調査診断協会に登録し、なおかつ事前調査を行う時点でも登録されている者

 

事前調査は解体工事のほか、建築物の模様替えや修繕等の改修工事、建築設備の取付けや取外し、 修理などといったの工事も含まれます。

それでも分からなかった場合は、分析による調査を行うか、または使用しているものとみなされます。

アスベストが使われている建物

アスベストが使われている建物

アスベストの含有率が5%を超えるような施工を禁止とする「特定化学物質等障害予防規則の改正」が施行されたのが1975年。

そのため、1975年以前に建てられた建物にはアスベストが使用されている可能性が高いです。

病院や公共施設で多く使用されていますが、一般住居の洗面所や台所の床材にも使用されているこがあります。

アスベストが使用されていた理由

アスベストが使用されていた理由

アスベストは天然の繊維状の鉱物です。

「燃えない」「軽い」「機密性が高い」というメリットがあり、断熱材や保温材、吸音材として使用されていました。

さらに粘着性もあるため、建造物の壁や天井、柱などに吹き付けたり、セメントと混ぜて石綿スレートや石綿セメント板等にも加工されていました。

また、建築物以外にも、衣料品やライターの芯など、生活用品にも使用されるほど重宝されていた素材なのです。

アスベストが禁止になった背景

アスベストが禁止になった背景

アスベストが含まれた建物を解体するには、高額な費用が必要となる場合があります。

その理由としては、アスベストの使用が禁止になった理由が関係しています。

アスベストは長期間大量に吸入すると、じん肺や悪性中皮腫、肺がんなどの健康被害を引き起こす危険性があることが分かったのです。

解体などの工事にはそのようなリスクが伴うことから、慎重に作業する必要があるため、費用も割高となってしまいます。

まとめ

築40年以上の建物を取り壊すには、アスベストの調査が必要です。

築40年以上の建物を取り壊すには、アスベストの調査が必要です。

これまでもアスベストの規制に関してはさまざまな決まりが施工されてきました。

もし、解体したい建物がある場合は、ぜひ一度弊社にご相談ください。