塗装業にも資格があります。

持っていないと作業できないような資格や、持っていなくても仕事自体は可能な資格があります。

しかし、実態として資格の有無がそこまで厳格的にされているわけでもありません。

そこで今回は、塗装業における資格について紹介しましょう。

塗装業に関わる資格

塗装業に関わる資格では、主に以下のような資格が挙げられます。

  • 一級塗装技能士
  • 有機溶剤作業主任者
  • 建設業許可

それぞれの資格について紹介しましょう。

一級塗装技能士

多くの人が一度は耳にしたことがある資格ではないでしょうか。

一級塗装技能士は、厚生労働大臣が認定する国家資格です。

塗装工事に関する高い技術と幅広い知識を有する職人として認められています。

実は、この資格を持っていなくても仕事自体は行うことが可能です。

有機溶剤作業主任者

一級塗装技能士は持っていなくても問題ないのですが、本来持っておかなければならないのが「有機溶剤作業主任者」。

有機溶剤を取り扱う作業の現場責任者として、作業方法を決定し、労働者を指揮する国家資格です。

この資格を持っている人がいなければ、本来作業をすることはできません。

しかし、実態として一軒家だと持っていない人も多いのが現状です。

建設業許可

建設業許可は、会社自体におりる資格です。

個人・法人、元請・下請を問わず、1件の請負代金が500万円以上(建築一式工事については、木造住宅以外では1,500万円以上、木造住宅では延べ床面積が150平㎡以上)の工事を施工する事業者が取得する必要があります。

しかし、これも実は持っていなくてもやっている業者が多くあります。

塗装の依頼は資格についても確認しよう

今回紹介した資格は、塗装業を営むにおいて持っておくべきものばかりです。

会社によっては資格のないところも多くあります。

依頼する前に、この3つの資格があるのかどうか、事前にチェックした方がいいかもしれません。

弊社社員は、神奈川県塗装協会の会員であり、毎年行われる技能検定に参加しております。

その点、安心してご依頼いただければと思います。


こんにちは。神奈川県横浜市旭区 緑区を中心に、外壁塗装を行っているヨコハマリノベーション株式会社です。

外観やメンテナンスのために行う塗装ですが、塗料にはさまざまな効能を持つものもあります。

素材や環境によってその塗料も使い分けるのが基本です。

そこで今回は、塗装で使用する塗料の種類とそれぞれの役割について紹介します。

塗料の種類

塗料には以下の種類があります。

  • 錆び止め塗料
  • 防水塗料
  • 断熱塗料
  • 遮熱塗料

ネット上で調べると上記のほかにも、環境配慮型の低汚染塗料もありますが、現在主流の塗料のほとんどは低汚染となっています。

上記の種類においても、その名の通りの効果をもっているのですが、適材適所で使い分ける必要があります。

それぞれの塗料について紹介しましょう。

錆び止め塗料

錆び止めの塗料は、一般的に下塗りで使用し、その上からトップコートを塗っています。

錆び止め塗料は素材との密着度を高めることから、錆び止めとしてだけでなく、下塗りとしても活躍します。

実は錆び止め塗料といっても、一般的な錆び止めと、海の近くに位置する家や建物に使う塩害地域用の錆び止め剤があります。

沿岸沿いや海が近い地域には、少し強めの錆び止め塗料をおすすめすることもあります。

防水塗料

防水塗料にもさまざまな種類があるのですが、一般的な一軒家のベランダなどで使われるのがFRP塗料。

大手のハウスメーカーが建てる家などでは、主に塩ビシート防水とかが使われることが多いようです。

つまり、どこで防水するのかによって種類が異なります。

水を防ぐ目的は同じでも、シート上で防水するのか、塗料そのものが防水するのか。

また、塗装するものが繊維素材なのか、アスファルトなのか、など素材によっても適切な塗料が異なります。

一般的には、建売住宅によくある繊維素材であればFRP防水が使用されることが多いですが、アスファルトにはシート防水が使われたり、その他マンションの屋上やベランダでは、ウレタン塗膜防水といった塗料が使われたりもします。

断熱塗料

断熱塗料で一時期流行していたのがガイナです。

工場の屋根に塗装した際、そこで働く社員が涼しいと感じるほどの効果があります。

しかし、メリットデメリットがハッキリしてることから、今はさほど使用されなくなりました。

メリットとしては、効果を感じやすいといったことが挙げられますが、デメリットとして見た目があまり美しくないことが挙げられます。

また、次に塗り替える際に、普通の塗料をぬっても剥がれてしまうということがあり、今はあまり支持されていません。

場合によっては、断熱効果を期待してガイナを使用するよりは、いっそ屋根ごと葺き替えたほうがいいケースもあります。

遮熱塗料

個人的には、遮熱塗料がおすすめです。

それほど高額ではなく、機能性も高いことが支持されています。

「若干値段が高くてもいいから、機能性が良い方が良い」というお客様からも人気です。

弊社では希望に合わせて塗料を用意できます

弊社では、塗料に希望があればそれに合わせて塗料を準備し、塗装することもできます。

その際には事前に、気軽に相談していただければと思います。

今回、塗料の効果について紹介しましたが、塗料に対してあんまり期待せず、気持ち程度の効果と考えていただけますと幸いです。

ヨコハマリノベーションの施工時の近隣住民への対応

職人さんが入る現場には周囲への気配りも重要だと考えています。

私たちが近隣の方へ気を配らなければ、依頼主の方と近隣の方がトラブルになってしまうこともあるからです。

お客様の家のものを破損しない、汚さないというのは大前提で、何よりもお客様を不快な想いにさせてはいけません。

そこで今回は、弊社が施工時に近隣住民の方へどのような対応をしているかについて、解説します。

挨拶と説明の徹底

挨拶と説明の徹底

施工をする際は、必ず近隣住民の方へ挨拶まわりをします。

単にお隣さんだけではなく「ここの一角も迷惑がかかってしまいそう」と判断した場合には、当然そのお宅にも挨拶に伺っています。

実際に説明する内容については、まず工事によって音が出てしまうことの説明。

私たちの仕事は足場をかけるだけでも大きな音がなってしまうので、とくに騒音に関する点は丁寧にご説明させていただいています。

注意点については、主に以下のような内容を説明します。

  • 高圧洗浄で水が飛んでしまう可能性があるため、洗濯ものに注意していただきたい点
  • 工事車両の駐車について
  • お隣に車がある場合、カバーをかけさせていただく場合がある点

いずれも、書面と口頭で説明しています。

挨拶で大事にする身だしなみ

近隣へ挨拶に行く際には、身だしなみや言葉遣いにも注意しています。

話し方は、一般常識のある話し方。

身だしなみは、綺麗な作業着で伺うようにしています。

近隣トラブルを起こさない安心できる施工会社

近隣トラブルを起こさない安心できる施工会社

私たちのような施工会社は、お客様がこの先も安心して暮らせるような配慮をしなければならないと常々思っております。

私たちの仕事は、ただ施工するだけではなく、お客様の暮らしやすい住宅をサポートする仕事ですから、近隣への配慮もそのなかの一つです。

なかには、ご近所やお隣との仲が良好ではない場合もあるかと思いますので、そのような場合も挨拶周りは私たちにお任せください。

ホームページで見極める!良い外壁塗装業者の見つけ方

多くの方は、外壁塗装業者をホームページを見て決めるかと思います。

しかし、ホームページだけでは「どのような業者に依頼すべきか?」と判断するのは難しいですよね。

そこで今回は、どのようなホームページの施工業者が良いかについて解説します。

ホームページで良い外壁塗装業者を見分けるポイント

ホームページで良い外壁塗装業者を見分けるポイント

ホームページで良い外壁塗装業者を見分けるポイントは、主に3つあります。

  • ホームページの見た目
  • 口コミ
  • 企業理念と人柄
  • 施工写真の有無

上記5つのどのような部分を確認すべきか、以下で解説します。

ホームページの見た目は「わかりやすさ」

ホームページは「古い」「新しい」というのはあまり気にしなくても良いです。

あまりにも綺麗すぎるホームページは、営業に力を入れている会社なので、実績が伴うとは限りません。

しかし、反対に文字だけズラっと並んでいるホームページも内容がわかりづらいです。

では、どのようなホームページが良いかというと、おさえるべき内容があるかどうかです。

たとえシンプルなホームページでも、知りたい情報がわかりやすく記載してあれば問題ありません。

口コミは良いことばかりは怪しいかも……

施工業者を比較するときに、口コミを重視する人もいるかと思いますが、口コミを信用してはいけません。

とくに、良い口コミばかりがのっているところは少し警戒した方が良い場合もあります。

一番は実際に対面で話してみることなので、口コミは参考程度にして、まずは会って話をしてみてください。

企業理念と人柄

ホームページの企業理念は必ず確認しておきましょう。

なぜなら、その会社の方針や軸としている部分が表れるからです。

施工業者を選ぶ重要な軸は、相性と人柄と言っても過言ではありません。

理念を見て「この会社に頼みたい」と思えるかどうかで判断すると良いでしょう。

施工写真の有無

施工事例があるかどうかも確認しておきましょう。

とくに、施工前と施工後の写真が掲載してある業者であれば、具体的な施工後のイメージがつきやすいです。

「この業者さんは本当に大丈夫かな?」と不安に感じたら、事例を確認してみてください。

ホームページきっかけからの対面がおすすめ!

ホームページきっかけからの対面がおすすめ!

今回はホームページ目線で「どのような業者を選ぶべきか?」について解説しましたが、最終的には業者との相性が何よりも大事です。

そのため、ホームページだけで決めるのではなく、必ず一度顔を合わせて話をしてみてください。

そのときの話し方や丁寧さから伝わることもあります。

弊社もお客様との対面のコミュニケーションを大事にしておりますので、外壁・屋根塗装は、ぜひ弊社ヨコハマリノベーションへご相談ください。

施工店と営業店はどちらに依頼すべき?

外壁塗装を依頼する際に、多くのお客様は営業店を選んでしまいやすいです。

その理由は、単に営業店の方が広告が目立ちやすいためです。

では、実際にメリット・デメリットで比較した場合に、どちらを選ぶべきかと言えば、もちろん施工店です。

今回は、なぜ施工店に依頼すべきなのかについて解説します。

施工店と営業店の違い

施工店と営業店の大きな違いは、施工の経験があるかないかです。

営業店はあくまで「営業」の会社であるため、経験はありません。

自社で職人さんを抱えているわけではなく、依頼を受けてから協業している施工店に依頼するので、営業店自体には職人さんはいないのです。

そのため、経験を持つ施工店に依頼する方が確実にいと言えます。

安い営業店にはとくに注意

安い営業店や訪問販売には注意してください。

営業店から施工店に依頼するということは、その間にマージンが発生しているということです。

つまり、営業店が安い価格で提案しているならば、施工も価格の安い施工店に依頼しているということになります。

安い施工店では手を抜いてしまうこともあるので、要望通りの施工ができなかったり手抜きの作業をされたりしてしまう恐れがあります。

施工店であれば要望が真っすぐに伝わる

施工店であれば要望が真っすぐに伝わる

営業店よりも施工店を選んだ方が良い理由には、要望が伝わりやすいという点もあります。

営業店が間に入ってしまうと、どうしても「お客様→営業店→施工店」という構図になってしまい、伝言ゲームのように要望が伝わり切りません。

施工店としても、仕事をいただいている営業店の言うとおりに施工しなければならないため「職人側としては本来はこのようにした方が良い」という意見が伝えられないのです。

お客様から直接、施工店へ依頼していただければ、要望以上の最も適切な施工方法も提案できますし、相談もしやすくなります。

外壁塗装は施工店へ依頼してください

外壁塗装は施工店へ依頼してください

外壁塗装は、施工店へ依頼していただけた方が、お客様の要望通りの塗装をおこなえます。

営業店にも「どんな施工も頼める」といったメリットはありますが、その一つひとつのクオリティが高いかといえば、決してそうではないケースもあります。

施工店であれば、その施工に特化した職人が対応し、着工までおこなうので、安心してご依頼できます。

ぜひ外壁・屋根塗装の際は、施工店である弊社ヨコハマリノベーションへお任せください。

外壁塗装工事後にサポートはある?保証書の有用性

外壁塗装の費用相場は80万円~と言われています。

外壁の大きさや塗料の種類、劣化具合などによって費用は変動しますが、大きな出費になることには違いありません。

そのため、外壁塗装後の補償があるのがどうか気になる人もいるでしょう。

今回は外壁塗装後のサポートや保証書の有用性についてお話ししていきます。

外壁塗装における“補償”とは

分からない場合は、ヨコハマリノベーション株式会社に相談しよう

通常、外壁塗装後に業者から「保証書」を発行してもらえるでしょう。

その内容には「業者側の明らかな施工ミス・過失である場合」というような文言が記載されています。

しかし、実情では補償してもらえないケースが多いようです。

なかには「うちの過失ではない」と言い逃れする業者もあります。

本当に業者の過失なのか、他の外的要因があるのかについて、慎重に判断しましょう。

ヨコハマリノベーションの保証

弊社ヨコハマリノベーションでは、「外壁5年・屋根3年」という保証書を発行しています。

困ったことがあれば、ご相談いただければお応えできることもあると思います。

保証対象外であっても、できるだけお客様に寄り添ってアドバイスさせていただけるよう心掛けております。

外壁塗装は誠実対応の業者を選ぼう

外壁塗装をする際には、信頼における業者を選ぶのがいいでしょう。

なんとなく「地元の事業所だから」「近所にあったから」という理由で選ばず、信頼と実績のある業者を選ぶことは未然にトラブルを防ぐことに繋がります。

外壁・屋根塗装は、ぜひ弊社ヨコハマリノベーションへお任せください。

外壁塗装、1回の塗り替えでどれくらいの耐久性がある?

大切な住まいを長持ちさせるために必要なメンテナンス「外壁塗装」。

外壁塗装が必要になる時期を迎え、外壁塗装を施した場合、その後の耐久性はどのくらい持つのか、気になる人は多いでしょう。

そこで今回は、外壁塗装1回の塗り替えでどのくらいの耐久性があるのかについて紹介します。

塗料メーカー推奨は10~12年

塗料メーカーによると、およそ10~12年と表記している場合が多いですが、それはあくまでも塗膜の持ちであることを覚えておきましょう。

特に、新築の場合は、比較的安価な塗料を使っているケースが多いです。

そのため、目安としては10年、場合によっては10年よりもはやい段階でメンテナンスが必要な場合があります。

土地柄によって耐久性は異なる

家の持ちは、土地柄によって大きく差が出ます。

たとえば、塩風の吹く海沿いの家であったり、湿気の多い山にある家などは、一般的な場所に比べて劣化しやすくなります。

外壁の様子を見て、塗装でメンテナンスすることを検討しましょう。

 

▼参考記事

外壁塗装が必要になるタイミングについて

外壁塗装は適切な時期に行おう

外壁塗装は適切な時期に行うことで、大切な住まいを長持ちさせることができます。

数年に一度くらいでいいので、外壁の状態を確認して、メンテナンス時期を検討するようにしてください。

外壁・屋根塗装する塗料の種類について

外壁や屋根塗装する際の塗料について考えたことはありませんか?

塗料には、耐久性が高いものや断熱性のあるものなど、ざまざまな種類のものがあります。

そこで今回は、外壁・屋根塗料の種類について、簡単に説明しましょう。

外壁・屋根塗装する塗料は大きく分けて3つ

外壁・屋根塗装する塗料は大きく分けて以下の3つが主流です。

  • ウレタン塗料
  • シリコン塗料
  • フッ素塗料

上記塗料はメーカーによってさまざまなものがありますが、メーカーによる大差はありません。

それぞれの塗料について紹介します。

ウレタン塗料

【ウレタン塗料の特徴】

  • リーズナブルな価格帯
  • やや弾力がある
  • 耐久性は高くない

ウレタン塗料は、ウレタン系樹脂(ポリウレタン)をメインとする塗料です。

樹脂の中でも密着度と柔軟性が高いので、木材にも塗りやすく、クラック(ひび割れ)が入りやすいような外壁に適しています。

硬化剤などを合わせて使うことで、さまざまな性質を持たせることができるのが特徴です。

シリコン塗料

【シリコン塗料の特徴】

  • 現在、主流の塗料
  • コストパフォーマンスが高い
  • 耐久性に優れている

シリコン塗料は、外壁塗料で人気が高く、最も主流の塗料です。

汚れが付きにくく、紫外線にも強いのが特徴。

また、性能やカラーが豊富な点も支持されています。

フッ素塗料

【フッ素塗料の特徴】

  • 高い耐久性を持つ
  • 値段が高い

フッ素塗料は、合成樹脂が主成分で、その樹脂にフッ素が含まれている塗料です。

どの塗料よりも高額にはなりますが、20年もの耐久性が見込めるなどといった性能はその分優れています。

大型の建物や橋などに使われることが多い塗料です。

塗料には1液型・2液型がある

1液型・2液型とは、塗料が「1つの缶の液体だけで塗料として使うもの」であるか、「2つの異なる缶の液体を組み合わせて塗料として使うもの」であるかに分けられます。

1液型は、1つの塗料缶で、水やシンナーを入れて薄めて壁に塗ります。

2液型は、2つの塗料缶があり、主材(塗料)と硬化剤に分かれています。

主材(塗料)と硬化剤を混ぜ合わせて塗料になり、混ぜ合わせたときに硬化反応を起こして固まり、強固な塗膜ができるのです。

弊社ヨコハマリノベーションでは、主に2液を利用して外壁塗装を行っています。

屋根塗装は素材によって異なる!アスベストに注意

近年ではスレート屋根が多いですが、2004年より前に建てられた家でスレート屋根材である場合、大半はアスベストが含有されています。

スレート屋根をメンテナンスする際は、塗装が一番手軽な方法ではありますが、アスベストが含まれる場合は注意が必要です。

塗装すること自体に問題はないのですが、高圧洗浄機で屋根を綺麗にする際、スレート屋根の表面を削ってしまうことがあり、そのときにアスベストが一緒に飛散してしまう可能性があります。

作業者だけでなく、近所などにも危険が及ぶことがあるため、慎重な判断が必要です。

また、屋根材によっては塗れない塗料もあるため、希望の塗料を申し出ても、対応できない場合があることを知っておきましょう。

外壁・屋根塗装はヨコハマリノベーションで

外壁や屋根塗装の際の塗料は、素材によって正しく判断する必要があります。

弊社の場合、アスベストの確認はもちろん、塗料にもこだわって外壁・屋根塗装をさせていただきます。

ぜひ、外壁・屋根塗装の際は、ヨコハマリノベーションにご相談ください。

外壁塗装中は家にいたほうがいい?弊社が心掛けていること

外壁塗装工事について、基本的には屋外での作業になります。

ご依頼主様のなかには「外壁塗装中は在宅しておかなければならないのか?」という疑問を持つ方がいます。

そこで今回は、外壁塗装中は家にいた方がいいのかについてお話ししていきましょう。

外壁塗装中は在宅していなくてOK

外壁塗装中は、家に誰かがいなければならない、ということはありません。

基本的に不在でも外壁塗装は進められます。

また、たとえお手洗いであっても、外壁塗装中に家の中に入ることもないので、ご安心ください。

しかし、雨戸やシャッターのロックは解除していただけると助かる場合があります。

ご在宅であれば、お声がけさせていただきますが、不在の場合、その部分の外壁に着手が出来ません。

スムーズに作業を進めるためにも、一部ご協力をお願いすることもあります。

依頼主が立ち会いが必要な場面はあるのか?

こういった質問を受けることもありますが、基本的にはほとんどないと思っていただいてかまいません。

ただし、壁の色を決めるときだけご確認をいただくようになります。

また、細かい情報交換については、共有ノートを活用するケースもありました。

ご依頼主様の疑問や不安をなくせるよう、何かあった場合にはお知らせいただけるような体制をとらせていただいています。

外壁塗装中にヨコハマリノベーションが意識していること

当然のことではありますが、屋外に置かれているもの全てに関して、破損しないように配慮を心掛けております。

しかし、何が起こるか分からないともいえますので、大切な物に関しては家の中に入れていただくようにお願いしております。

たとえばお子様がお誕生日に貰った自転車や、お気に入りのキックスケーターなどは、玄関などで保管していただけますと幸いです。

外壁塗装中でも外出OK!お気軽にお出かけください

外壁塗装中であっても特に在宅しておかなければならない、ということはありません。

通常通りしっかりと戸締りをして、お気軽に外出していただければと思います。

また、我々はこちらからご近所への営業活動などは行いませんので、その点もご安心ください。

外壁工事中、日常生活において制限されることとは?

「外壁工事中は普通に過ごしていて問題ないのか?」と疑問に思っていませんか?

基本的にはいつも通り過ごしてもらって問題ないのですが、外壁工事中はやはり少しだけ制限があります。

今回は、外壁工事中にはどんな制限があるのか、なぜそうしなければならないのかについて解説しましょう。

外壁塗装中、生活において制限されること

制限があるというものの、これは建物の状況によって左右されます。

状況によってはそれほど制限はないかもしれませんが、主に以下のようなことがあります。

  • 足場をかけた際、車が駐車できなくなる
  • 洗濯物を外に干せない
  • 窓に養生するため、開けられる窓が限られる
  • 工程によっては多少の騒音がある

外壁工事は一般的な戸建てで大体2週間程度かかります。

その間、洗濯物は部屋干しにしていただくようになり、窓を開けて換気ということもあまりできません。

とはいえ、換気口の部分は開けておりますので、必要最低限の換気は問題ないでしょう。

外壁塗装工事中に気を付けてほしいこと

外壁工事中は、足場を組んでいる関係で、以下のことに気を付けていただきたいです。

  • お客様自身が足場に上ってこられること
  • お子さんなどが足場の下などに入ること
  • 愛犬を庭などで遊ばせること

組んだ足場が崩れてしまうと、大ケガをしてしまう恐れがあります。

何かどうしても必要なこと・伝えたいことなどがあれば、お気軽にお声がけください。

外壁塗装工事中でも日常生活に大きな不便はない

外壁塗装工事をする際、日常生活において共通して制限されることといえば、洗濯物と換気の面ではないでしょうか。

もともと部屋干しをされている人であれば問題ありませんが、念のため約2週間は外干しができない点についてご理解いただけますと幸いです。

外壁塗装工事中、何かご要望などがありましたら、その際はご相談ください。